貸し農園で週末は農家さん【自給自足のエコライフ】

笑顔

自然と共存するために

笑顔

作業スペースを掛けて算出している

自然との共存は、人間にとって永遠のテーマにもなっています。自然だけが残ったり、人間だけが残って生活できるものではありません。山や森を育てる事業などにも注目が集っています。森林を育てるためには、重要な作業の一つとして、『間伐』があります。ある程度木と木のスペースを守ってやる事で、木が十分に成長できる様にする事が可能になります。間伐作業の料金については、現地の状況によって一括で見積もっている場合があります。専門業者では、作業に必要な人員や手間を計測し、料金を算出しているケースがあります。他にも、特に作業スペースによって、一定単価を掛けて料金を算出する事が多くなっています。プラス危険性や手間の大きさになっているケースなどもあります。

自然を育てようとする背景が見られる

間伐作業の依頼が増えていますが、その背景としては、自然との共存を正確に実施していこうとする体制づくりなども多くなっている事が挙げられます。世界的な環境破壊が問題となって久しいですが、生活のために森林を伐採するだけでは、人間にも危険性が高くあります。自然をそのままにしておくだけでは、山や森を管理する事はできません。適度に間伐作業などをする事で、木や周囲の植物の生育を助け、次の新しい芽を生む事にも繋がります。地域全体で、間伐作業の重要性を認識するケースも増えていると見られます。また、間伐作業については、必要性があるため環境保護の観点からも子供たちへの教育としても認知される様になっています。