貸し農園で週末は農家さん【自給自足のエコライフ】

笑顔

自然災害の防止

間引き

近代に入ってから間伐が注目される

日本家屋は、木材を利用している建築が現代にも多く見られます。それだけ古くから木材が利用されてきた生活でもあります。日本には広大な森林が存在していますが、その数が減る傾向が続いた時代もありました。17世紀頃から木材が様々な建築現場、他で利用されてきましたが、木材の利用は、同時に森林破壊にも繋がっていきました。1960年代には、輸入木材が大量に流入した事で、森林に手を掛けない状況なども各地で見られる様になりました。森林を保護するために、あるいは人の生活と共存させるために、間伐作業が実施される様になっていきました。特に近代に入ってからは、間伐作業の必要性が注目され、地域で作業を実施したり、専門業者に作業を依頼するケースが増える様になっています。

自然災害の防止、新しく生まれ変わる

間伐作業は、人口林や自然森林であっても、木々が十分に成長するために求められる作業でもあります。間伐作業の特徴は、木の成長に欠かせない光や栄養を、十分行き渡らせる働きをもたらします。木が鬱蒼としていると、木の成長の為に要る光が十分に届かなくなります。これは、1本の木にだけでなく、あたり一面に影響を及ぼす事になります。光や栄養が十分に行き渡った状態は、木の根元も育てる事になります。木の根が十分に育っていない場合には、大雨の時の自然災害に繋がる恐れがあります。間伐作業は、木を健全に育て、自然災害を防止し、人間の生活にも木材などの提供をしてくれます。間伐された木材については、現在では割り箸や木工家具などに生まれ変わっています。